はちみさんの山日記

シブい山屋になりたい初心者おばちゃんの山日記

8月ハイク そのいち

f:id:hachimisan:20170906181939j:image

 年に最低3回は行きたい丹沢

今年は4月、5月、8月といいペースです(=゚ω゚)°

 

今年に入ってようやく西丹沢へ歩くルートが伸びました。

一人では中々挑戦しにくかった朝日向尾根と同角山稜、

今回はなんと地元のランナーさんが案内して下さることに(=゚ω゚)イヤッフー✨

 

ユーシンもはじめて( ´ ▽ ` )ノ

 

 

f:id:hachimisan:20170906182029j:image

尾根に入ってすぐにガスが掛かりはじめ、塔ノ岳側の景色は見えませんでしたが、

急登をひーこら登ると美しいブナの森の中へ( ゚д゚)💕

朝日向尾根は少しばかり途中で道を探してキョロキョロする所のあるルートでした。

 

主脈、主稜線のルートから外れた方が道がカチカチではないので

何度か通って覚えたいですね(=゚ω゚)b

  

f:id:hachimisan:20170906182117j:image

おお〜靄ってる靄ってる

 

f:id:hachimisan:20170906182223j:image

 はじめての同角(=゚ω゚)✨

ちょっとドキドキしますよ!

f:id:hachimisan:20170906182436j:image

おお〜っ‼️

これがザンザ洞キレット( ゚д゚)°

葉っぱモリモリで全く高さを感じませんw

冬は通るのこわいかな〜

同角山稜は変化のある楽しい道でした(=゚ω゚)💕

キレットより最後の急坂が効いた〜w

同角山稜より楽なのかと思っていた石棚山稜の方が歩きにくかったです

 

石棚山はブナがめちゃめちゃきれいだけど滑る滑る(=゚ω゚)°

 

f:id:hachimisan:20170906182313j:image

 下山前にようやく良い景色が見えました✨

 

今回のルートは玄倉→ユーシン→朝日向尾根→臼岳→檜洞丸→同角山稜→ユーシン→玄倉

 

あとは雨山峠から鍋割山、弁当沢、犬越路から道志……いつ行こうかなぁ(=゚ω゚)💕

 

 

 

9月清掃 そのいち

 f:id:hachimisan:20170905220537j:image

この頃少しサボり気味でしたが、某日は月に一度の清掃ボラ(=゚ω゚)ノ✨

 

とはいえ、ついてないことに一週前に足首の骨折跡を転倒で痛めてしまい、

みんなとは別行動になりました。

 

f:id:hachimisan:20170905220551j:image

少しゆっくりめのスタートなので、駅前のア・ビアントで美味しいパンを仕入れて出発✨

お山に美味しいごはんは必携品です(=゚ω゚)💕

 

アンパンはただのアンパンではありません!

サワークリームが一緒に入っているらしい!

たのしみたのしみーっ(=゚ω゚)9✨

 

とりあえずウッカリ山道に入らないよう、弾性包帯にビーサン装備で今日は府道の吸い殻を集めて回ります。

隊長から課せられたノルマは100本。

 

もっと集める気満々でしたが、吸い殻用に小さなレジ袋を用意したところ、

微妙なサイズのゴミが気になってあっと言う間にパンパン。

 

しもたなー……ちーさいわ(=゚ω゚)°

 

仕方なく104本で打ち止めし、集合場所に向かいました。

 

f:id:hachimisan:20170905220637j:image

 

 

 合流場所に着くと、ちょうど向こうからなんか担いだ人影が……先頭は18kgのモニター抱え、後続も次々ゴミを担いで到着

いやはやお疲れ様でございます(=゚ω゚)ノ✨

 

みんなの成果は75kgくらいだったかな(=゚ω゚)?

 

清掃と言っても産廃なので、多いと150kgほど一度に集めます。

これでも人の足で入れない場所や、回収の段取りのできない場所にはまだ積み上がったまま、

キリがありません(=゚ω゚)💦

 

ちょっとやめてくれないか💦💦

地層のようにゴミが埋もれると取れなくなってくるのだよ……

埋まった絨毯とかケーブルとか、もう大変( ゚д゚)

 

車の吸い殻入れも、窓からひっくり返さないで(=゚ω゚)💦

 

ウッカリ「あっ(=゚ω゚)✨豊作✨」とか喜んで拾いはじめ、

途中でアカンがなーと我に返ってしまうので、弄ばないでいただきたいものですw

 

f:id:hachimisan:20170905220752j:image

 

近くのお山も良いのですが、植林した杉林が多いからか、

下草の生えていないところがすごく多くて、つい遠くのお山へ行ってしまいます。

 

このザビエルの頭みたいに登山道の脇にちょろっと生えていると、

低木や下草のきれいな葉っぱ好きにはいささかさびしいなぁ(=゚ω゚)°

 

 

 

 

 

8月山行 そのよん

f:id:hachimisan:20170903134521j:image

 うん…降っている……。

 

雨の音を聞きながら、とりあえず朝ご飯を済ませます。

きのうおとといと、うまくお腹の空くタイミングとお昼御飯が会わなくて中々ひもじかったので

朝はガッツリ、マルタイ棒ラーメンのあと残ったα米をスープに

 

うまーーーーーっ( ゚д゚)💕

 

変な工夫しない方が美味しいですw

 

しばらく待ってみましたが、強弱があるものの上がらない雨に諦めて比較的弱まったところで撤収開始

こちらの音を聞いてか、雨の音で同じ判断をしたのかお隣さんもテントから出てきました。

 

おはようございます。止みませんねぇとお互い苦笑いして

びしょ濡れのテントを畳み込み管理人さんに挨拶して門内小屋を後に。

f:id:hachimisan:20170903134546j:image

門内から梶山峰の間にきれいなチングルマのお花畑があったので、

がんばって霧雨の中ズームしましたが、雨でピンぼけ💦

ここ、行きはめちゃくちゃ降っていてスマホが出せない状態で、帰りに期待しましたが……んん~

f:id:hachimisan:20170903134556j:image帰りも真っ白だけど、昨日おとといの晴れ間で、どんなところを歩いているのか想像できるのと

帰り道が分かっている分登りよりも気持ちにゆとりがでますね

お天気はいまいちですが、名残惜しいなぁ

登山道がドライコンディションならもっとゆっくり歩くのですが、下りが急でめちゃくちゃ不安なので平地はきっちり歩きます。

f:id:hachimisan:20170903134607j:image

ケルンが見えてきた!

ケルンを超えてしばらくしたら下り始めるぞー

f:id:hachimisan:20170903134623j:image中間に少しだけある平地まで降りてきました。

水溜りと泥濘が多くてトレッキングシューズはぐちゃぐちゃです(=゚ω゚)°

 

急だけど、登る時にどうやって降りようか悩んだよりはスムーズ

整備して切られた枝の角を握りながら降りるところがたくさんありました

もう少し装備が軽ければなんとかなったのだろうか。

あんまり木を掴んで登り降りしたくないんですが

触ると皮がつんつるてんになるでしょ、ちょっと気が引けます( ̄ー ̄)ゞ

f:id:hachimisan:20170903134633j:image

湯沢峰を越すとそんなにかからず飯豊山荘の屋根が見え始めます。

梶川尾根はこの登山道の最初の部分、小国駅の遭難情報が集中していました。

3件くらい載っていて、最初は岩場で転倒して頭や首を折ったのかと思っていましたが、

熱中症と、熱中症による錯乱が原因と思われる滑落だそうです。

門内の管理人さんから、コツは五郎清水まではゆっくり登るんだと教わりました。

今度来るときは熱中症にも十分気をつけよう。

 

f:id:hachimisan:20170903134639j:image

泥んこになりながら飯豊山荘へ到着してひとっ風呂

バスで小国駅へ戻ります(=゚ω゚)ノ

 駅前の定食屋さんでたらふく食べて新潟へ

 

f:id:hachimisan:20170903134647j:image

最後にw

生のクマさんに会いたくなかったので、なんとなく撮影しなかった小国駅のクマ駅長w

 

今回の8Tは以下の通り

お花畑ウフフアハハタイムといつものトレイル雑談タイム込みです(=゚ω゚)b✨

 20170811

05:13天狗平ロッジ
07:35湯沢峰
11:05梶山峰
12:50関内小屋

20170812

05:50関内小屋
06:42北股岳
06:50北股岳
07:13梅花皮小屋
07:22梅花皮小屋
07:52梅花皮岳
08:33烏帽子岳

(お花畑散策)
10:22梅花皮小屋
10:33梅花皮小屋
11:05北股岳
11:35北股岳
12:22門内小屋

20180813

05:50門内小屋
06:10扇の地紙
06:42梶山峰
07:24五郎清水
09:00湯沢峰
09:07湯沢峰
10:22飯豊山

8月山行 そのさん

f:id:hachimisan:20170831072257j:image

さて3日目!今日はお天気の許すところまでピストン( ´ ▽ ` )ノ✨

避難小屋の付近や登山道ではみなさんから、

川入まで行ったら良いのにと言われましたが、

急なスケジュール変更は思わぬアクシデントに見舞われることがあるので、

次のたのしみに取っておきます。

f:id:hachimisan:20170831072322j:image

標高が低いのと東北でも南の方だから、

登山に来る人が想像するより暑いんですよと管理人さんから教わりました。

確かに雨風なければ涼しさは感じないので、

今日の天候は好天に入れていいかな

 

風が気持ちよい(=゚ω゚)✨

 

f:id:hachimisan:20170831072345j:image

ガスが切れたところは平野がサーッと開けて見えるし

遠出するのに全日程雨天は残念だなぁと思いましたが、

これがどうして、中々快適です(=゚ω゚)✨

f:id:hachimisan:20170831072356j:image

歩き始めて少しすると、対向から団体さんがやってきました。

装備の何処かに(服かな?)新発田とあったので、ワンゲル部のみんなでしょうか

道を開けるとみんな口々にお礼と挨拶をしてくれて、今時の子はシッカリしてるなぁ( ゚д゚)

今日はこっちに向かって来る人が多いのかな✨

f:id:hachimisan:20170831072445j:image

今日はスタートから稜線上なので、すぐにお花畑の中へ(=゚ω゚)💕

塔ノ岳の尊仏山荘で飯豊を薦めてくれたご夫婦から、

登ってしまえば天国みたいな山だと教わりましたが

聞いて想像した以上です✨

f:id:hachimisan:20170831072458j:image

 ゆるやかにアップダウンする道をゆっくり歩いて北股岳を過ぎ

百名山ルートとして人気らしい石転び沢の雪渓を左に眺め梅花皮小屋へ

f:id:hachimisan:20170831072508j:image

私が登った時には3mのクレバスができていて、下で入らないよう

管理人さん達が止めていらっしゃいました。

梅花皮小屋側から空身で北股岳に登ってくる2人組の女の子……

あれ?石転び沢から登ってきたみたいだ(=゚ω゚)?

ベテランさんなんだなぁと感心しながら水を汲み、先へ進みます

f:id:hachimisan:20170831072526j:image

今日の折り返しポイントは烏帽子岳の先のお花畑

これも門内の管理人さんから、2017.8m、今月の山ですよと教えてもらいました

なだらかだから、梅花皮岳にしろ烏帽子岳にしろ、目立ったピークではないので

目標地点にちょっとアクセントを付けてくださったんだと思います(=゚ω゚)✨

f:id:hachimisan:20170901220911j:image

今回の山旅で一番感動したのは、なんといっても植物の生命力

 

残雪の雪の影から緑が芽を出し

若葉が茂り、チングルマが白い花をつけ

フワフワの綿毛に変わって登山道をはさみ

ニッコウキスゲ

f:id:hachimisan:20170901221001j:image 

冬から春、夏と、雪の縁から帯状に変化する大地
自然てすごい!人ってこんなにちっぽけなんだ

双六岳を歩いた時にも雄大な自然に圧倒されましたが

標高が低くて植物の成長に勢いがあるからか、

全く違った感動を受けます。

f:id:hachimisan:20170901221104j:image

イブキトラノオの群生に

f:id:hachimisan:20170901221131j:image

あ〜っ!もーちょい早くきたてたら💦

登山道の両脇にチングルマの花がびっしり咲いてたんだ( ゚д゚)

この時は登山道から3〜10mくらい先に咲いていました。

f:id:hachimisan:20170901221142j:image

一株だけ咲いているのが見つけられたイイデリンドウ

次々咲くみたいで、たくさん蕾が膨らんでいました。

f:id:hachimisan:20170901221149j:image

 烏帽子岳の先のお花畑はこのとおり!

 

うつくしーなー( ゚д゚)💕

 

そろそろ雨が対向からやってきたので、

お花畑の終わりまで歩いて道を引き返し、門内を目指します。

f:id:hachimisan:20170901221330j:image

 お昼に戻ってしばらく、管理人さんから色々山の話を聞いて

避難小屋側泊の人が到着したタイミングで受付、設営を開始しました。

 

グランドシートを広げたあたりで、水汲みに出てきた避難小屋泊の男性が、

やった事がないからテント設営を見ていたいと……

 

よりにもよってワタシ( ̄ー ̄)

 

もっと上手な人が……いや、一番のりして私しかいないや……

 

8月山行 そのに

f:id:hachimisan:20170831071239j:image

雨降りだなーっていうのはしっかり音でわかる夜明けを迎え、渋々テントを這い出ました。

おっ(=゚ω゚)おはよー

と視線をくれたお隣は

みなさん既に休憩スペースで着々と出発準備。

 

私も屋根の下で用意したいなぁと、

ザックと立てたままのテントを掴んで休憩スペースへ

右肩にザック、左手にテント……

荷運び中のアリンコみたいだわ……(=゚ω゚)°

 

とにかく時間に余裕が欲しくて

マットや他の荷物を出さずに寝ていたので

準備はテントを拭いてたたむだけです

(=゚ω゚)ラクー✨

 

お隣グループの奥さんに、

惚れ惚れするほど手際がいいとお褒めの言葉をいただき

どやーと小鼻を膨らませながら朝食を済ませました。

荷物出さずに寝たから手際ってよりズボラですねw 

お隣さんから10分遅れくらいで私も

いよいよスタート!

f:id:hachimisan:20170901002342j:image

ロッジからカーブしている道を進めば、

梶川尾根登山口手前の駐車場にミニパト(=゚ω゚)!

お巡りさん数名と、腕組みしたロッジの管理人さんが皆さんお集まりです

 

何事かΣ( ゚д゚)💦

 

わたし「なにかあったんですか(=゚ω゚)?」

管理人さん「そーなんです」

お巡りさん「そうなんですよー、今日は山の日ですから!」

 

なんと早朝から登山者へ安全登山を呼びかけに登山口まで……

登山者には当たり前の時間ですが、夜勤帯のお仕事だよね

ごくろうさまでございます(=゚ω゚)ゞ✨

 

飯豊・朝日連峰遭難対策?みたいな

文字のテープを貼った飴ちゃんの小袋を

 

「ちょっとですけどオヤツにどうぞ」

「写真も一枚撮らせてくださいね〜」

 

あっちからこっちから声を掛けていただき、これは荷物になりますがと、見覚えのある用紙を……

 

おっ!昨日駅で一枚頂きましたヨ(=゚ω゚)bバッチリ✨

 小国警察署の電話番号の紙!

 

みんなに行ってらっしゃいと笑顔で見送ってもらって

今度こそ、いよいよ出発(=゚ω゚)ノ✨

こんな賑やかに送り出してもらうなんて初めてです。うれしいなぁ💕

 

f:id:hachimisan:20170831071333j:image

大喜びで登山口から徒歩たった5歩

 

いきなり腰くらいの段差( ゚д゚)°

えwまってw

まだ荷物を担ぎ上げる心の準備がw

 

「ウンガー」と、変な声を上げながら登れば、その後もひたすら急斜面

地図見ても山行記録漁っても書いてあったから知っているけれど

いやいやwどうして中々のインパクトw

 

先に出発していたグループのみなさんにすぐ再会!

後ろから暫く登り方を勉強させて頂いていましたが、休憩の時にお別れし、先へ進みます。

 

一見すると危険箇所のない森の中の尾根

でもよーく見ると

そんなに広くない尾根だし

両側めっちゃ傾斜してる(=゚ω゚)°

 

登山道の両脇は膝から腰くらいの草や低木で覆われていますが、

人を支えられるような頑丈さはない💦

見た目に反して横に倒れたら、結構下まで滑落しちゃいそうな道でした

f:id:hachimisan:20170831071357j:image

唸ったりーボヤいたりー泣き言言ったりー

クマが怖くて歌ったりー

ボヤいたりー

緑がきれいで感激したりー

またボヤいたりー唸ったりー

登りくっそいっそがしー(=゚ω゚)💦

 

色々やりながら五郎清水到着

登山道から20mくらいかなー

場所はロープの掛かった短い岩場と倒木の先

 

分かりやすくて助かります✨

 

枯れない水場だそうです。心強い味方ですね✨

水も冷たくて稜線の水場より美味しい(=゚ω゚)💕

登りながら結構なペースで水を飲んだので、ここは重くても満杯にします

後で聞きましたが、隣の丸森尾根にある夫婦清水は枯れたりなんだりあてにならないそうです。

「ほら、夫婦なんてアテになんないでしょ?名前どおり」

ニヤリと、門内の管理人さん( ゚д゚)ホホウ 

f:id:hachimisan:20170831071413j:image

ずっと真っ白だった景色ですが、強い風でチラチラ山が見え始めました

幾重にも重なる長い稜線に感動して、ついナミダが(つД`)

 

思いがけずエライ人に会って泣きながら拝むばーちゃんの心境とは

きっとこんな感じなんだな(=゚ω゚)

f:id:hachimisan:20170831071454j:image

雨自体は嫌いではないので、露できらきらした道を機嫌よく……いやまだ五郎清水の先、急斜面続いてる続いてる

よたよた登って行きます。

 

そしてまたボヤくー

f:id:hachimisan:20170831071522j:image

ああっ!稜線っ‼︎出たーっ‼️( ゚д゚)💕

風は強いけれど雨は降ったり止んだりするので全く景色が楽しめないわけでもない✨

f:id:hachimisan:20170831071543j:image

なにこのソラマメみたいな池💕💕

すごいかわいい

しかもあっちこっちにある✨✨

f:id:hachimisan:20170901123704j:image

池があるからカエルもたくさんいるようです

いや、さっきからガサガサ何かと思ってたんです

手のひらサイズだなぁ……鳥かなぁ?動物じゃないし、へびじゃないし……この子かー(=゚ω゚)°

草むらの中は緑のクッションがお腹につかえてかなり動きにくそうでした

その場でトランポリン状態

めちゃくちゃ動きがユーモラス(=゚ω゚)♪

 

f:id:hachimisan:20170831071645j:image

ガスで上手く写りませんが、ニッコウキスゲと残雪に挟まれるようにチングルマが白い花を付けています。

特に咲いていたのはタカネマツムシソウとハクサンジャシン(は、名前調べました)

あと、ウサギギクかな?黄色い小花いっぱい

白く滲んだ稜線を歩く毎、たくさんの花を散りばめた緑の絨毯が続きます

見栄えのする花が多くてびっくりするくらい豪華

 

でも雨と霧で中々スマホ(カメラ)がだせません

まあ、肉眼で見る美しさは写真ではのこせないし

その分しっかり目で楽しもう❤️

 

 それにしても……ザックカバーも帽子も飛んでいきそうな風( ̄ー ̄)

f:id:hachimisan:20170831071708j:image

んーっ!

お腹すいたし雨風強いし、やっぱり予定どおり門内小屋までで!

そして強風の設営慣れていないから小屋に入る(=゚ω゚)!

 

扇の地紙で会ったお父さんに梅花皮小屋まで行ったらいいと薦められたけれど

 

風圧で顔が変形しそうーーーっ( ゚д゚)

鼻水も空へ吹き飛びそうでむーりーっwww

 

ていうか権現岳北岳も……私よく強風に当たるな〜(>人<;)

f:id:hachimisan:20170831071739j:image

気をとりなおし、荷物を降ろすと早速自転車漕ぎにトイレへ

前に20回後ろに10回シッカリ漕ぎました(=゚ω゚)どやー

f:id:hachimisan:20170831071850j:image

自転車漕いだりごはん食べたりお昼寝したり
山行日記書いたりしている間にお天気回復

f:id:hachimisan:20170831071933j:image

わあっ( ゚д゚)✨

 

わーーーっ‼︎

写真で見たあの稜線

 

きれーなお山ーーっ( ゚д゚)✨

f:id:hachimisan:20170831071952j:image

避難小屋泊のお兄さんが晴れたことを教えてくれてつかの間、外で青空の下に続く緑の稜線を楽しみました(=゚ω゚)✨

 

二泊目は初めての避難小屋です

わーっ( ´ ▽ ` )ノ✨

 

8月山行 そのいち

f:id:hachimisan:20170827205853j:image

8月の山行は東北は飯豊連峰北股岳へ(=゚ω゚)ノ✨

 

本当なら7月の3連休に下山側を下見して

縦走を予定していた山の日の連休。

今回は残念ながら天狗平からの往復となりました( ゚д゚)ザンネン

 

なぜ往復しているのか。

人出も道の様子も分からないお山へ1人で行くにあたり、

ルートは往復と、自分に約束をつくっているからです。

 

初心者ですからねー!

用心には用心ですよ(=゚ω゚)b✨

 

 ダメだーっ‼️と思った時の計算が往復だとしやすいし、

何より途中で引き返すという事は

登山が続けられない事態なワケですから、

通った道を戻る安心感は非常に大きなものです。

 

今回は初めて尽くし……まず東北のお山が初✨

それから例年より雪融けが遅いとか

山が広いから水場があってもたくさん水を持たなきゃーとか

まー皆さん同じ思いをされたであろう天気の悪さとか……

ああ、虫対策もでした

テン泊も3泊は初めて

慣れない準備で頭がいっぱいですよ(=゚ω゚)°

 f:id:hachimisan:20170828115738j:image

 夜行バスで新潟へ着き、間違えて新幹線改札の前でウロウロ

駅員さんに教えてもらって無事、米沢行きの快速べにはなに乗り込みます

 

2両編成‼︎ボタン開閉式‼︎ワンマン運転‼︎

ディーゼルの音がする

旅ってかんじ〜っ(≧ε≦)💕

 

カタコト揺られていくらか

気付けば列車は緑の中へ。

色が違う( ゚д゚)💕

……なんて……深い……

山梨のお山みたいな

光を抱き込んだように軽やかな緑とはまた違い

太陽が中天に昇ってなお 露を含んだような深い色

 

きれいね〜(=゚ω゚)💕

 

森が消えると少し離れた所に広々とした稜線を持つ巨大なお山……

 

むっ( ゚д゚)

 

あれは朝日連峰かな(=゚ω゚)✨

パッカーンと口を開けて外の景色を眺めているうち、

列車は米坂線小国駅へ到着しました。

f:id:hachimisan:20170830125649j:image

 降りてみれば、駅員さん総出で朝のお掃除中。

おはようと少しの会話を繰り返して改札へ。

1日上り下り各6本の列車運行

なんともゆったりと時間の流れる町に着きました。

乗り合わせが不安で午前の列車にのりましたが、
平日なのでバスは4時間後まできません✨

 

「飯豊に登山ですか

荷物、貴重品だけ気をつけてくださいねぇ」

 

穏やかな物腰の駅員さんの注意を守り、

待合のベンチにザックをナンバーキーで固定して

ウロウロきょろきょろ(=゚ω゚)✨

 

近くのスーパーに行ってみればさすが東北らしく、

ずんだ餡の大きなパックがお惣菜コーナーにどーん!

棚の端から端まで探検して

駅に戻って登山届けを書き(駅にポストがあります)

遭難情報を読み込みながら

警察署のチラシをもらってお財布へ収納

このお守りを使わず済みますように(=゚ω゚)💦


坂町行の午前の列車で1人、

午後の坂町行きで4~5人、

段々登山者の人が増えて一安心。
でもなんかみんな硬派な空気で喋りづらいかもしれないw

 

こう、山を攻める(=゚ω゚)9

 

みたいな……(気のせいです)


予想はしていたけれど人が少ないのだ。
きっと今晩から移動してくるんでしょう。

明日から連休ですからね(=゚ω゚)b

f:id:hachimisan:20170830215738j:image

 ややっ✨お待ちかねのバス✨

シートは片側1シート2列のゆったりサイズ

喜んで写真撮ってるのは私だけ( ̄ー ̄)

f:id:hachimisan:20170830215747j:image

しゅっぱーつ✨

f:id:hachimisan:20170830215808j:image

左右に緑の山々が近づいてきます✨

帰りに気付きましたが、しばらくは線路の横の道を新潟方面へ進むので、

そちらから来た私はすこーし戻りながら景色をみていたようです。

行きは線路側に座ってなかったからなぁ(=゚ω゚)°

 

地元からほぼ丸一日かけて天狗平に到着
前日22時くらいに出発して、もう15時すぎです。

f:id:hachimisan:20170830215825j:image

 

天狗平ロッジで幕営の受付をしてもらい、さっそく設営(=゚ω゚)💕

 

 下草を刈った木の下にグラウンドシートを広げましたが、

なんと下草の切り残しが丈夫すぎて、グラウンドシートを

 

ズボォーッ‼️

 

ええぇぇぇっ突き破ったーっ( ゚д゚)

 

テント本体を破らないよう、

細心の注意を払って荷物を入れ、ごはんの用意✨

 

今回はベジフィレなるものを持ってきました(=゚ω゚)b✨

ベジフィレで牛丼にちょうせん

f:id:hachimisan:20170831121856j:image

 

うん、なんか美味しくない……

 

食感肉だけど味が豆(?)甘い(=゚ω゚)°

 

天狗平ロッジは外に屋根付きの広い休憩スペースがあるので、

ゆったりごはんが食べられます✨

管理人さんも親切に色々お話ししてくださいました。

 

ごはんを食べて、お向かいの飯豊山荘でお風呂に入って

登山口だけ見に行こうとしましたが、

虫に集られて逃げ帰りました(笑)

 

夜、お隣テントは進入した虫と1時間くらい格闘していたみたいです

ぱしんぱしんと安眠を掛けた真剣勝負の音がしていました(=゚ω゚)💦

 

7月山行 そのに

f:id:hachimisan:20170827155102j:image

鳳凰小屋へ到着して、さぁてお家を……覚悟はしていたとも

 

最後までちゃんと設営できるよう詰めて詰めて〜

賑わっていますねぇ💦💦

 

「前室を張らせてくれなかった五竜に比べたら、まだゆとりがあるよ〜」

なんて笑うお向かいさんに尊敬の眼差しを向けつつ、

全員テント2回目という男子グループのリーダー君ともちょっと雑談。

お向かいはワンゲルのこれまた礼儀正しい若者達。

前後左右感じのいい登山者さんの間に配置してもらえたなぁ♡

 

で、リーダー君とは

「テント始めるとこれまた楽しいんですよね~」

 

なんて長閑な会話をしばし。

その間にグループ男子の一部から設営で悲鳴が上がっていました。

思うようにペグダウンできないようです。

彼は翌日の撤収時にも「もうダメ出発時間までに畳めない~」

という状態になっていました。

こういうのも楽しい経験ですよねぇ♡

 

私も最初は恐々畳んでいましたが、だんだん扱いが雑になってきて、

今やテントはレジ袋に入れてザックに突っ込んでいます……

 

ずぼらなんで……前に別の同行者に笑われましたw

 

この日は生憎ごはん中に夕立が来てしまい、早め就寝

(同行した方のテントが浸水したみたいな会話が隣から聞こえていました)

になりましたが、翌日はおかげですずし〜

必ずしも快晴が良いとは限りませんよね。

薄曇りや高曇りの天候は歩きやすいから好きです♪

 

カ・イ・テ・キ(=゚ω゚)✨

 

f:id:hachimisan:20170827160015j:image

前に出発する登山者さんに「行ってらっしゃい」と声を掛け、

我々も鳳凰小屋の大将に見送っていただいて急なザレ場をせっせと登ります。

オベリスクを目指してひたすら登る。

 

途中で振り返れば富士山♡

 

ひーこら言って同じ道を上っている近くの登山者さんにも「後ろ後ろ!!」

と声をかけ、みんなで空にぽっかり浮かぶよう現れた富士山に大喜び。

景色に慰められながら、適当に歩くとすぐ後退するザレ場を上り切り

オベリスク手前に到着♫


近くにいた登山者さん達と変わりばんこにオベリスク記念撮影をし、

薬師岳方面へ進みます。

 

 結構風があって半そでには肌寒いくらいでしたが、

着ようかなぁと迷うと登りに入って暑くなり、

そのまま歩いているとまた肌寒くなりの繰り返し……。

長袖を着る決定打に欠いたまま気づけば稜線の終盤。

 

途中で会った登山者さんから「元気だね~」とたくさん声をかけてもいました♡

f:id:hachimisan:20170827160151j:image

薬師手前の稜線から見えた富士山♡

 

何度見ても美しい姿ですね~

南アルプスから見ると近いからおっきいんだ~

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

この山だけは絶対登りません。人気過ぎて(笑)

 

富士山は私も観る専派ですwww

 

今回の山行はざっくりCT〜×1.1くらいでしょうか

グループの時は余裕がありすぎる予定で

問題なく降りられるコースを取るので8Tは計らずです(=゚ω゚)°

 

とはいえ薬師から中道のくだりがちょっと予想以上

荷物に負けてしまい、膝がスッカリぐだぐだになりました。

最後ふんばれなくなるんだものマイッタね(=゚ω゚)💦

 

しかも下山直前に本降りに……

降りてからの林道が結構あって

お風呂(青木鉱泉の看板)が見えるまで長かったですねぇ(笑)

  

水5Lは8月の山行に繋げますヨ

次は飯豊連峰~っ(=゚ω゚)bじゃじゃーん✨